ヨウ素研究助成について

概要

我が国での貴重な資源であるヨウ素の一層の利用拡大を図るため、産業界の支援のもとに、ヨウ素に関する基礎から応用に関する研究を奨励、支援する「ヨウ素研究助成」を公募します。

助成対象は個人あるいはグループの萌芽的研究に対する助成と新たなヨウ素利用を探るためのワーキンググループ活動助成です。下記の応募要領を参考のうえ奮ってご応募ください。

ヨウ素学会 会長 藤野 隆

→制度の詳細はこちら

2016年度研究助成の採用者は決定し、現在研究が進められています。

2017年度の研究助成の募集は以下で予定しています。

応募要領

応募資格: 国内の大学、研究所等に所属する研究者
助成内容: 研究助成 (10~100万円) 3件程度
ワーキンググループ活動助成 (15~30万円)2件程度
応 募 方 法: 下記様式に従い、必要事項を記載した書類を作成し、事務局まで送付下さい。
応募締切: 2016年12月31日
助成の対象となる
研究テーマ:
  • 発想にオリジナリティがあり、ヨウ素化学で研究の発展に寄与する研究
  • ヨウ素の特性を有効に利用する有機合成
    (ヨウ素化反応、ヨウ素原子のリサイクルや触媒的利用を含む)
  • ヨウ素を含む新材料などの有化合物の創製(無機、有機は問わず)
  • ヨウ素の濃縮や捕集などヨウ素資源の開発に関わる研究
採択決定時期: 2017年3月頃

2017年度研究助成申請フォーマット

2017年度ワーキンググループ活動助成フォーマット