ヨウ素学会 > お知らせ一覧

お知らせ一覧

2021 Apr.12

2021年度ヨウ素学会、学会賞(学術的)は4月8日の通常総会において以下のように決まりました。

受賞者:荒井 孝義 (千葉大学大学院理学研究院)
テーマ:「ヨウ素の高機能化:ハロゲン結合によって駆動する協奏機能不斉触媒の開発」

第24回シンポジウムにおいて受賞講演をしていただく予定です。

2020 Dec.7

第23回シンポジウムはcovid-19対策のため中止し会報第23号は「研究紹介特別号」として発行いたしました。ここから受賞研究紹介、研究紹介および寄稿論文を「過去の活動状況」⇒「過去のシンポジウム」のページに掲載しております。会員各位には開封パスワードをメールにてお知らせいたしました。
不明な方は事務局にお問い合わせください。

2020 Dec.4

2020年10月26日、今年度のシンポジウムが中止になったため、ヨウ素学会理事会にて学会賞:松井浩志氏(株式会社フジクラ)と、学会特別賞:藤野隆氏の授賞式を行いました。

受賞者 写真

2020 Oct. 5

ISXB5(第5回ハロゲン結合国際シンポジウム)が、2022年6月に千葉県木更津市の国際会議場・かずさアカデミアパークで開催されることになりました。本会議はイタリア、スウェーデン、米国、南アフリカ(WEB会議)に続いて、アジアで初めて開催されるものです。ヨウ素学会ではヨウ素化学に関連の深い本会議に協賛することになりました。(詳細については右欄のISXB5をご覧ください。)

2020 Apr.3

書籍「日本にたくさんある資源って何だろう?それはヨウ素!!」を発行しました。

書籍紹介 それはヨウ素!!

 

「日本のヨウ素の歴史」をホームページに追加しました。

是非ご覧ください。

2020 Mar.16

2月19日(水) CIRICセミナーNo.4を開催しました。45名の方がご参加下さり、盛況のうちに終える事が出来ました。そのプログラムを掲載します。

CIRICセミナーNo.4プログラム

2019 Mar.15

2月22日(金)、第1回CIRICセミナーを開催しました。68名の方がご参加下さり、大盛況のうちに終えることが出来ました。その要旨を掲載します。

1.CIRICセミナープログラム

2.ヨウ素の魅力とは

3.ヨウ素の製造方法とリサイクル

4.有機ヨウ素化合物について

5.大学でのヨウ素利用研究

2019 Mar.8

CIRIC 千葉ヨウ素資源イノベーションセンターのホームページが開設されました。

皆様、ぜひご覧ください。

2018 Jun.14

ヨウ素学会事務局は6月13日に「千葉大学大学院 工学研究科」から「千葉大学 千葉ヨウ素資源イノベーションセンター」に移転しました。住所は「〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 千葉大学 千葉ヨウ素資源イノベーションセンター」に変わります。なお、電話・ファックス番号やメールアドレスは変わりません。

2015 Sep. 25

ヨウ素学会は下記図書を推奨図書に指定していますのでご紹介します。

日刊工業新聞社刊 海宝龍夫著

今日からモノ知りシリーズ「トコトンやさしいヨウ素の本」

http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00002913

 

ヨウ素学会会員募集について

ヨウ素学会では本会の趣旨にご賛同していただける個人会員および賛助会員を募集しております。
入会申込はこちら

  • 詳細はこちら

24回ヨウ素学会シンポジウム

日 時

2021(令和3)年9月10日(金)

場 所

千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館
但し、COVID-19対策でオンライン形式となる可能性があります。
5月中旬までに決定し「お知らせ」にて公表します。

発表申込締切

6月5日(土)

予稿原稿締切

7月3日(土)