ヨウ素学会とは

本ヨウ素学会は、貴重な天然資源であり、且つ人間の成長に不可欠な元素である「ヨウ素」の更なる探求と高度利用を目指し、学界・産業界の有志により官界の協力を得て、平成10年(1998)6月1日に「ヨウ素利用研究会(FIU)」の名称で発足し、さまざまな活動を実践する中で、平成19年(2007)7月1日に更なる発展を目指して「ヨウ素学会(SIS)」に改編しました。

ヨウ素に関心をお持ちの皆様の活動参加とご入会をお待ちしております。

お知らせ

お知らせ一覧

2020 May.16

2020年9月18日に開催を予定しておりました第23回ヨウ素学会シンポジウムは、新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大予防のため、9月開催を取りやめることにいたしました。

そのため発表申込、参加申込を取りやめさせていただきます。ご発表、ご参加を予定されていた皆様には申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

2020 May.7

コロナの影響に伴い、今年度のシンポジウムの開催見直しのため発表・参加共に募集を一時中止させていただきます。決定しましたら再度お知らせ致しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020 May.7

政府の緊急事態期間の延長に伴い、5月31日までCIRIC棟が閉館となりました。そのためヨウ素学会事務局業務も休止致します。
再開、又は休止期間延長の場合、再度お知らせいたします。

2020 Apr.10

「新型インフルエンザ等対策特別措置法」による外出自粛要請等を踏まえ、4月8日~5月6日の間、千葉大学教職員に原則自宅待機命令が出ました。この間CIRIC棟も閉館となるためヨウ素学会事務局業務も休止致します。
再開、又は休止期間延長の場合、再度お知らせいたします。

2020 Apr.3

書籍「日本にたくさんある資源って何だろう?それはヨウ素!!」を発行しました。

書籍紹介 それはヨウ素!!

 

「日本のヨウ素の歴史」をホームページに追加しました。

是非ご覧ください。

ヨウ素学会会員募集について

ヨウ素学会では本会の趣旨にご賛同していただける個人会員および賛助会員を募集しております。
入会申込はこちら